測量飛行・3次元データ作成

サービス内容

1.測量飛行

選任パイロットが現地に出向きドローン空撮を行います。
DJIの自動飛行アプリ【GS Pro】を使用し、撮影経路や高度、ラップ率など細かな設定を行い航空測量に必要な多重ラップ写真撮影を行なっていきます。

航空撮影画像

多重ラップ写真(例)

対象地域の地形データを取得するためにドローンを使用して航空撮影を行います。
より正確なデータを得るために撮影領域が重なるように設定します。

使用ドローン:Phantom4
撮影条件:撮影高度30m
オーバーラップ90%
サイドラップ60%
撮影場所:東陽商事(株)野田機械センター

2.空撮データの3次元点群データ化

測量飛行で取得した写真データを元に、オルソ画像の作成、3次元点群データの作成・編集、土量の差分計算、出来型合否判定総括表の作成などの対応が可能となっております。
国交省が取り組んでいる、CIM・i-Constructionにも対応しているソフトを使用しております。
(使用ソフト:pix4D mapper ・Wing Earth)

撮影した写真をPix4D mapperに入れ処理を行い3次元点群データを作成します。
この3次元点群データをWing Earthで読み込み、車など不要なものの削除します。
その後、土量計算や設計データと完成形データとの差分計算より出来型合否判定総括表の作成などが可能になります。

出来型合否判定総括表(例)

設計データと完成形データを比較しズレなど算出。
合否判定とヒートマップ作成も自動で行う。

ご利用の流れ

  1. お問い合わせ

    まずはお電話(03-3906-8618)またはメールフォームよりご連絡ください。

    その際、撮影の目的、撮影場所、撮影希望日をお知らせください。

  2. 見積もり
    いただいた依頼内容をもとに、弊社にて見積もりをさせていただきます。
    見積もりは無料です。
  3. 発注
    見積もりにご納得いただけましたら正式にご発注ください。

  4. 撮影
    ご希望の日時にオペーレーターが伺い、撮影します。
  5. 編集
    撮影データを持ち帰り3次元点群処理を実施後お戻しいたします。
  6. 納品
    SDカードをご用意いただくか、クラウドからのダウンロードとなります。